クレアチンは副作用が起こりやすい!?

いつも以上のエネルギーを発揮する効果を期待できるクレアチンですが、副作用が起こりやすいというのは本当!?クレアチンの副作用について解説していきます!
MENU

クレアチンは副作用が起こりやすい!?

クレアチン,副作用

クレアチンを摂取する場合、サプリメントやパウダータイプのモノで摂取する場合がほとんどですよね?

 

クレアチンも通常のサプリと同様に食品と同じです。
薬ではありませんので、基本的に副作用の心配はありません。

 

クレアチンに副作用の話でよくあるのは、

 

『クレアチンを飲んで足が攣った』
『クレアチンを飲んで肉離れを起こした』

 

という意見です。

 

これらの話とクレアチンの因果関係というのは、現状では科学的根拠は見つかっていません。

 

肉離れというのは、体調や栄養バランスに影響します。そのため、クレアチンを摂取することで、体調の改善や栄養バランスの改善を行おうとした結果
「足が攣った」
「肉離れを起こした」
ということに繋がったのかもしれませんね。

 

 

クレアチンは飲む場合は、体調や栄養バランスをリカバリするという使い方はしないで、万全の体調のもと、トレーニングをより強化するために摂取するようにしましょう!

 

 

腎臓や肝臓が丈夫じゃない人は注意が必要!

クレアチン,副作用

腎臓や肝臓があまり丈夫じゃない人は、クレアチンの摂取について医師に相談するようにして下さい。

 

ローディング期間は、1週間と非常に短い期間ですので、問題ないとは思いますが、クレアチンを大量に摂取することで一時的に腎臓や肝臓に負担がかかってしまいます。

 

クレアチンの効果的な飲み方についてはこちら >>

 

 

このページの先頭へ